2010年06月15日

重ね煮のトマトスープ

今回は、トマトスープを重ね煮で作ってみました。
(船越康広著「やさいたっぷり重ね煮レシピ」より)

材料(4人分)
(重ね煮)           (スープ)
トマト   600g    トマトジュース※  1/2カップ
セロリ   100g     水        1カップ
じゃがいも 150g     塩        小さじ1
玉ねぎ   200g    しょうゆ      小さじ2
にんじん  50g     黒コショウ     少々
塩(重ね塩)  少々           
※ジュースのかわりにトマト水煮缶詰や生トマトをミキサーにかけても良い


そして、野菜の並べ方は次のとおりです。

重ね煮トマトスープ.jpg

トマトはヘタを包丁の刃先でくり抜くように取ります。くり抜いたトマトは前に紹介した回し切りをして重ね塩を振った鍋底に並べます。

トマトスープ1.jpg

セロリは端から薄く小口切りします。太い茎の部分は縦に切り込みを入れて切ったときの大きさが揃うようにします。

トマトスープ2.jpg

ジャガイモは厚さ4mmくらいのいちょう切り、玉ねぎは回し切りです。
にんじんもジャガイモと同様にいちょう切りにしますが、厚さは2mmくらいにします。

トマトスープ4.jpg

最後に重ね塩を振って、ふたを閉めて弱火にかけます。
IHピーターはいつもの条件で、今回は55分くらいで煮上がりました。次にスープづくりです。
重ね煮は鍋のままトマトジュース、水、しょうゆ、塩、こしょうを加え良くかき混ぜたら、強火にかけます。
煮立ったら弱火にして、15分くらい煮込んだら出来上がりです。

トマトスープ5.jpg


トマトから水分が十分でて、いつもの重ね煮のように焦げる心配はいらないので気持ちが楽でした。(底がしいたけのときは焦げつきはしないかいつも心配ですわーい(嬉しい顔)
スープの素やだしは入れていませんが、野菜のだしだけで濃厚な味の美味しいスープに仕上がりました。
トマトの酸味がほどよく効いて夏向きのスープだと思います。
次回の華板さん例会で、このレシピを紹介する予定です。


posted by おおにし at 22:03| Comment(0) | 重ね煮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

交流研修会

6日の日曜日にチャレンジクッキング「お父さんの腕まくり」さんとの交流研修会があり、
愛知県日進市の西部福祉会館まで行ってまいりました。

当日の様子は華板さんのホームページに紹介されています。

今回初めての交流会で、私は少し緊張気味でしたが、「お父さんの腕まくり」の皆さんの暖かい
おもてなしですっかり打ち解けることができました。
そして午後の合同ミーティングで、お互いのグループ運営の課題などを話し合うことができたことはとても有意義でした。特に料理教室を長い間続けてこられてきた苦労話は、今後の活動にとても参考になりました。

「お父さんの腕まくり」の皆さん、素晴らしい交流会を開いていただ、
本当にありがとうございました。

P.S.
おみやげにいただいたパエリア鍋が引き金となり、我々も志摩スペイン村のパエリア・コンテスト参加の機運が高まりつつあります。
12月には是非スペイン村で再会いたしましょう。

交流会2.jpg
posted by おおにし at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

華板さん6月の例会は。。。

6月の例会はいつもの保健センターでの実習ではなく、男性料理グループとの交流会となりました。
お相手は愛知県日進市で活動されている「男たちの料理教室 お父さんの腕まくり」さんです。

我々が日進市まで行って、一緒に昼食の献立を作ることになっています。
どんなメニューが用意されているのか、今からとても楽しみです。

交流会の様子はこのブログでも紹介する予定です。どうぞお楽しみに。

posted by おおにし at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。