2010年07月15日

TVドラマ「天使のわけまえ」

わけまえ.jpg

お料理好きな人に是非見てもらいたいドラマです。

結婚直前に婚約者に全財産を持ち逃げされた35歳の不幸な女性が、料理の力で周りの人々に幸せを与えつつ、
自分も幸せをつかんでいくというお話なんですが、主人公が作るお弁当が実に美味しそうで、ドラマに引き込まれてしまいました。

料理で人を幸せにできるのなら、それは本当に素晴らしいことです。
私もあやかりたいものです。

このドラマ「天使のわけまえ」はNHK総合テレビ 毎週火曜日午後10時からです。
5回シリーズで後3回放映があります。来週もとても楽しみですね。



posted by おおにし at 21:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

高級鍋で作る重ね煮の味は・・・

関西電力から送られてくるパンフレットを見ていたら、
重ね煮のことが紹介されていました。
重ね煮って結構有名になったんだなあと記事を読んでみると、これは
ビタクラフトという高級ブランドの鍋を使った調理法の紹介でした。

無水調理の応用<野菜の重ね煮>

重ね煮の先生によれば、重ね煮の味には作る人の心が現れるそうです。
心を込めて本当に美味しく作るには、私もまだまだ修業が足りませんが、
こんな高価な鍋を買わなくても、家族を喜ばせるくらい美味しく作ることはできます。
そこが重ね煮のよいところだと思います。
posted by おおにし at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

あらめの重ね煮

次は何を重ね煮しようかとレシピを調べていたら、あらめというひじきによく似た海藻を
見つけたので、これで重ね煮をやってみることにしました。

水で戻す前のあらめはこんな感じです。

あらめ.jpg

ひじきよりやや細めですが、色はよく似ており見分けが付きにくいです。
これを水で戻して使います。あらめの袋に書いてある説明では水に浸してからよく洗って
砂を取るように書いてありますが、実際砂はほとんど出ないのでさっと洗うくらいでOKです。
重ね煮の構成は以下の通りです。

あらめの重ね煮.jpg

ひじきの重ね煮のときと同じように、こんにゃくは塩をすりこんで水洗いしてからせん切りにします。うす揚げは湯通しせずにそのまません切りにします。
今回もいつもと同じ火加減(IHヒーターなので同じ出力)で煮ました。今回は50分で完全に煮えていました。
鍋の蓋を取るとあらめの磯の香りがぱっとして、美味しそうにできあがりました。

今回は半分をサラダにし、残りはしょうゆとみりんで味付けをして煮物にしました。鍋に水を加え(煮詰めるのであまり加えないこと)塩を少し加えて火にかけます。
(塩はひとつまみ程度、これを加えるとだしを加えなくてもおいしくなります)。
あとは煮汁を味見しながらみりんとしょう油で味を調節して、汁気がなくなるまで煮詰めて出来上がりです。

あらめはひじきと同じように食物繊維やカルシウムが豊富な食材であり、しかも100%国産(伊勢志摩の特産品)です。
ひじきの煮物が好きな方は一度あらめも食べてみられることをおすすめします。

あらめの重ね煮2.jpg
posted by おおにし at 23:17| Comment(0) | 重ね煮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。