2010年08月31日

レシピの書き方


レシピの書き方

レシピの書き方

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2010/04/16
  • メディア: 単行本




華板さんの例会で数ヶ月に一回、献立の当番が回ってきます。
次はどんなレシピにしようかと、本やネットでいろいろなレシピを読むのですが、
レシピにもいろいろな書き方があると実感します。
わかりやすいレシピだと思い、試しに作ってみたら大事なことが書いていないというものもありました。
自分自身もレシピを書く機会がありますが、簡潔でわかりやすいレシピを書くにはどうしたらよいか悩むことがあります。

今日紹介するのは、わかりやすいレシピの書き方を解説した本です。
著者はレシピの校正者の方々で、実際のレシピの添削例を使って、わかりやすいレシピを書くための
ノウハウを教えてくれます。

例えば、レシピを書いた後は

(1)「材料表」は適切な順番で、わかりやすく書かれているか。
(2)「材料表」と「作り方」に出てくる材料に過不足がないか。
(3)一般的でない材料には注記が必要がどうか。
(4)分量は適切か。
(5)「作り方」がわかりやすく書かれているか。
(6)手順や味つけに明らかなミスが見られないか。
(7)料理名と内容は合っているか。
(8)写真が添えられている場合、レシピとの整合性はどうか。


といった観点で読み返してみるとよいそうです。

調理や食材の用語の意味と使い方にについても丁寧に解説してあり、レシピを書くときに
いろいろ参考になる本だと思います。







posted by おおにし at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

オーストラリア人の食生活

先週、家族旅行でオーストラリアに行ってきました。
現地に住む知人に案内してもらってスーパーマーケットに行く機会があったので、
そのときの写真をもとにオーストラリア人の食生活をレポートします。
(西オーストラリア州の小都市フリーマントルにあるColesというスーパーにて撮影)

DSCF2632.jpg
今オーストラリアは冬ですが、雨が多い時期でもあり野菜は豊富に売っていました。

DSCF2608.jpg
こんな変わったカボチャもありました。どんな味がするのでしょうか。

DSCF2626.jpg
冷凍食品の売り場です。通路の両側に全長10m以上の冷凍庫が並んでいました。オーストラリア人はあまり料理をしないのでしょうか。冷凍食品の種類の多さと量に驚きました。

DSCF2620.jpg
冷凍ポテトの袋は1.2kg入り。2袋で$5(約400円)と格安です。フライドポテトはどこでも目にしますが、出てくる量が半端ではありません。(とても一人では食べきれない!)

DSCF2619.jpg
ジュースやコーラ類もやたらに大きなボトルが目につきました。

街で見かけるオーストラリア人でメタボ体型の人がとても目立ちました。
フライドポテトと冷凍食品とコーラの食生活では、さもありなんといったところです。
せっかく野菜が豊富にあるのですから、野菜中心のヘルシーな食生活にシフトすべきでしょう。

オーストラリアの野菜を見ながら、この野菜たちで重ね煮を作ったらどんな味になるかなと思いました。
次回行く機会があればオーストラリア人に重ね煮を紹介してみたいですね。



posted by おおにし at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

8月の例会

本日のメニューは以下の四品。

1いかとゴーヤのにんにく炒め
2なすのベーコン蒸し
3オクラのスープ
4スイカと小豆の水ようかん

レシピはいつものように、華板さんのホームページに掲載されています。

今日のメニューで私が美味しいなと思ったのは、「いかとゴーヤのにんにく炒め」です。
いかとゴーヤの相性が意外に良いことがわかりました。
我が家のゴーヤ料理は今までゴーヤチャンプルーのみでしたが、我が家のメニューに追加したいです。
「オクラのスープ」は豆板醤と生姜がたっぷりで、なかりホットな味のスープですが飲むと元気が出てきます。
このスープは熱々で飲むより少しぬる目で飲む方が私は美味しいと
思いました。
試していませんが、冷やしても美味しいかもしれません。

今回はどれも調理も簡単で、夏バテ対策にぴったりの献立でした。
来月の例会では子供に食べさせたい朝食メニュー作りに挑戦です。

SN3M0026.JPG

少し食べ始めて気がついて慌てて撮った写真なので、食べさしの写真になってしまいました。わーい(嬉しい顔)


posted by おおにし at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。