2011年06月16日

地中海型食生活

クレタ島の人々の平均寿命が非常に長く、心臓疾患が少ないということから地中海型食生活に関心が高まりました。そして1991年にハーバード大学公衆衛生学のウィレット教授が地中海型食事のピラミッド(下図)を発表しました。

スライド1.jpg

このピラミッドで注目すべき点はオリーブオイルを毎日摂取するところです。
オリーブオイルはオレイン酸を多く含み悪玉コレステロール値を下げる働きがあります。
また、トマトとオリーブオイルを一緒に食べると腸の働きがよくなり便秘解消になるそうです。

今までオリーブオイルは炒め物にたまに使う程度でしたが、今後はオリーブオイルをたっぷり使った地中海メニューにも挑戦したいと思います。

参考文献
大腸の健康法―病気にならない「リラックス腸」をつくる (平凡社新書) [新書] / 松生 恒夫...


posted by おおにし at 20:57| Comment(0) | 生涯現役 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

6月例会 (黒糖蒸しパン)

華板さん6月の例会は
1豆腐と牛肉の卵とじ
2グリーンアスパラのアイオリソース
3水を使わない。簡単スープ
4黒糖の蒸しパン
の4品です。

写真とレシピは華板さんホームページを御覧ください。

ここでは、私がレシピを担当した黒糖の蒸しパンについて少し追記しておきます。

とっても黒糖の蒸しパンは手軽でおいしいおやつですが、最初からうまく出来ませんでした。
今回の例会でも調理班によって出来上がりにばらつきが出てしまいました。

成功ののポイントは
(1)ベーキングパウダーの量を間違えないこと
(2)蒸し時間を守ること
の2点であると私は思います。

ベーキングパウダーは小麦粉150gに対して5gです。ベーキングパウダーが少ないとういろうのような感じになります。頭が割れている蒸しパンらしく仕上げるにはベーキングパウダーは表記の量を守ってください。

私の説明が足りなくて今回の例会でも発生したのが、蒸し器の水切れで途中で空焚きとなり、蒸し時間が足りないという失敗が発生しました。気がついてから水を足して、一度蒸しが止まってしまうと、その後いくら蒸しても固い蒸しパンとなってしまいます。蒸し器の水は十分に入れてから蒸しましょう。当たり前のようでこれがよくある失敗です。
また、さつまいもが蒸しきれなくて固いという失敗もあります。いもの種類や大きさ・量によって、蒸し上がり時間にばらつきがありますので、最初はレシピより多めの時間で蒸したほうが無難だと思います。

《失敗蒸しパン》

th_DSCF2533.jpg

《成功蒸しパン》

th_DSCF2535.jpg

《黒糖の蒸しパン レシピ》

【 材 料 】(作りやすい分量。カップ6個分)
薄力粉       150g
ベーキングパウダー 5g
塩         少々
黒砂糖(ブロック) 50g
さつまいも    50g (小ぶりのさつまいも 1/2 本見当)
水           180cc

【 作り方 】
1.黒砂糖を包丁で砕いて、小さな固まりにする。(粉々に砕かない)
2.さつまいもは皮をむいて、小さめのサイコロ(7,8mm 角)に切り、水につけておく。
3.蒸し器でお湯を沸かす
4.薄力粉と、ベーキングパウダー、塩をボウルに入れ、よく混ぜる。
5.黒糖とさつまいもを加え、水を入れて、こねないように軽く混ぜる。少しダマになっているくらいで OK。
6 .お菓子用のカップ6個程度に分けて入れ、蒸し器に入れて、強火で 10 分程度蒸す。

(黒砂糖を砕いていれる理由)
黒砂糖の小さいなかたまりが、とても甘く感じるので、粉の黒砂糖を入れるより砂糖の分量を少なくできる。



posted by おおにし at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。