2011年10月09日

10月例会

先月開催の男のうまみ教室のおかげで、今月新しいメンバーが一人増えました。
「華板さん」に興味をもってくれた参加者は他にいらっしゃったので、今後も入会者が増えることを期待しています。

今月は通常の例会に戻り、四品作りました。
レシピはホームページの方に掲載されると思いますので、ここでは試食後の感想やレシピの改善点などをメモしておきます。

1鰯の薬味ソースがけ

久々に鰯の手開きをやったのですが、開き方をすっかり忘れていたことに自分でもびっくり。
薬味ソースにきざみニンニクを入れていますが、鰯を焼くときにニンニクを一緒に入れた方が鰯の生臭さが消えて美味しいのではないかと思います。

2茄子の揚げ出し

レシピにある茄子の茶筅切りがよくわかりませんでした。コツは茄子に入れる切れ目は少し深めにすることです。私は切れ目が浅かったため揚げたときに火のとおりが悪く茄子が柔らかくなりませんでした。揚げすぎると茄子が油を一杯吸ってしまうので、切り目を深く入れてさっと揚げるのがコツだと思います。

3豆腐と小松菜の赤だし

私は赤味噌文化圏で育ったので赤だしは大好きです。最初のレシピで味噌60gとありましたが4人前でこれは多いでしょう。濃い赤だしは美味しいですが、塩分取りすぎに注意が必要です。

4バナナプリン

レシピにあるバニラエッセンスを入れ忘れて作ってしまいましたが、入れない方がバナナの香りがひきたち、かえってこちらの方が美味しいのではないかと思います。怪我の功名かもしれませんね。

DSCF2670.jpg
posted by おおにし at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。