2011年12月11日

パエリア参戦記(2011年12月)

12月4日志摩スペイン村で開催されたパエリアコンクールに我々は2回目の参加し、
出場2回目にして見事第三位入賞という、うれしい結果となりました。

th_CIMG1654-2.jpg

前回の参戦記では敗因分析を行いましたが、それぞれの反省項目について今回いかに改善したのかについて整理しておきます。

1.審査のやり方に合わせた調理をすること
今回は調理終了時間から逆算して、米を炊く開始時間をきっちり決めていたこと、炊く時間と最後の焦げを作る時間を管理し、炊くときと蒸らしつつ焦がすときで火加減を調整しました。言わば「はじめちょろちょろ中ぱっぱ」作戦です。火の強さの調整は難しいので鍋と火の距離で火加減を調整しました。
米を炊く水の量も前回の反省点でしたので、今回は正確に計量しました。米を炊き出した後は鍋をなるべくかき回さないようにしました。

2.見た目と味のインパクト
飾り付けに関しては前回ほどんどぶっつけ本番でしたが、今回は飾り付けにポイントをおきました。我々のメンバーの一人であるN氏が夜も寝ないで(?)盛り付けのデザインを考えてくれました。ポイントは前回の反省でもあった的矢カキのデコレーションです。写真をよくみていただくと、カキの殻の中に野菜が付けあわせてあります。まるでカキのマリネのように見えます。実際にはマリネの味とは違いますが、カキの味付けは審査の対象ではなく、あくまでも的矢カキが美味しそうにみえることが重要なのだと思います。
また、前回失敗したパエリアの味付けについては、メンバー交代で加わってもらったN氏ジュニアさんに担当をしてもらいました。日頃薄味に慣れてしまっている我々ではどうしてもインパクトある味にならないので今回は若い人の感覚での味付けになりました。審査後に試食した印象ではエビや貝のだしがきいており、濃厚で美味しい味付けになっていると感じました。

3.コンクールを楽しむ準備
昨年は何も知らなかったので、調理器具以外何も持っていきませんでしたが、今年はいろいろ準備していったので、コンクール終了後に焼き鳥を食べたりコーヒーを飲んだりできました。
おとなりのチームの御婦人からは、みかん、たくわん、銀杏などいろいろ美味しいものをいただきました。こういうチーム間の交流もこのコンクールの楽しみ方です。パエリアコンクールは参加するだけで楽しいイベントですね。

同じ食材・調味料で作るわけですから、チーム間での出来映えの差はさほどなく、いくら勝因を分析したところで勝負は時の運です。
とは言え納得のいくパエリアを作るためには、それなりの研究や準備は必要だと思います。この記事が今後参加される方の参考になれば幸いです。

来年のパエリアコンクールは12月1日の開催が決定してます。我々は来年も必ず参加します。皆さんも是非2012年12月1日に志摩スペイン村に集まりましょう。ありがとうございました。

th_CIMG1647.jpg
posted by おおにし at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

10月例会

先月開催の男のうまみ教室のおかげで、今月新しいメンバーが一人増えました。
「華板さん」に興味をもってくれた参加者は他にいらっしゃったので、今後も入会者が増えることを期待しています。

今月は通常の例会に戻り、四品作りました。
レシピはホームページの方に掲載されると思いますので、ここでは試食後の感想やレシピの改善点などをメモしておきます。

1鰯の薬味ソースがけ

久々に鰯の手開きをやったのですが、開き方をすっかり忘れていたことに自分でもびっくり。
薬味ソースにきざみニンニクを入れていますが、鰯を焼くときにニンニクを一緒に入れた方が鰯の生臭さが消えて美味しいのではないかと思います。

2茄子の揚げ出し

レシピにある茄子の茶筅切りがよくわかりませんでした。コツは茄子に入れる切れ目は少し深めにすることです。私は切れ目が浅かったため揚げたときに火のとおりが悪く茄子が柔らかくなりませんでした。揚げすぎると茄子が油を一杯吸ってしまうので、切り目を深く入れてさっと揚げるのがコツだと思います。

3豆腐と小松菜の赤だし

私は赤味噌文化圏で育ったので赤だしは大好きです。最初のレシピで味噌60gとありましたが4人前でこれは多いでしょう。濃い赤だしは美味しいですが、塩分取りすぎに注意が必要です。

4バナナプリン

レシピにあるバニラエッセンスを入れ忘れて作ってしまいましたが、入れない方がバナナの香りがひきたち、かえってこちらの方が美味しいのではないかと思います。怪我の功名かもしれませんね。

DSCF2670.jpg
posted by おおにし at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

オープンキッチン「男の旨み教室」開催

華板さんのオープンキッチンは参加者12名と大盛況でした。

今まで料理はしたことがないとおっしゃる参加者が多かったですが、調理実習を見ている限り皆さんの包丁さばきもなかなか上手で、教える側としてはとても楽でした。
華板さんの活動に興味を持っていただき入会を希望される方が何人かいらっしゃるようで、これは本日のオープンキッチンの大成果といえます。

でも長く華板さんに参加している割には、私の料理の腕前が上達していないことを本日痛感しましたので、家でモチットまじめに料理の練習しなければなーと思った次第です。わーい(嬉しい顔)


th_DSCF2650.jpg


posted by おおにし at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。