2011年02月21日

パエリアコンクール参戦記

待ちに待ったパエリアコンクールが2月19日に志摩スペイン村パルケエスパーニャで開催されました。我々華板さんからは7名と奥さん4名が2チームで参加しました。

結果は華板さんのHPでも報告さていますように、華板さんチームは受賞できず、奥さんチームが堂々の準優勝という結果になりました。奥さんチームが準優勝できてとてもよかったですが、にわか作りのチームでしかもリサーサルなしにいきなり準優勝とは、ちょっとできすぎではないかと複雑な気分です。

それはさておき、来年こそ賞を狙うために、今回のパエリアコンクールでの勝敗を分けるポイントはなんだったのか、感じたことを書き残しておこうと思います。

1.審査のやり方に合わせた調理をすること
調理終了後、できたパエリアを鍋ごと並べ、順番に審査が行われる。各チームの審査に2分ずつかかるとして、最後の審査までに1時間くらい経過する。パエリアの場合火から降ろして米を蒸らす必要があり、早く作りすぎると審査までに米を蒸らしすぎてしまうことになってしまう。今回我々は調理時間終了までに蒸らしまで終えてしまい、審査の時には米が柔らかくなりすぎてしまったようだ。
審査の順番は調理の後半で分かるので、審査時間に合わせて調理の進行を遅らせたりする工夫が必要だ。奥さんチームは途中で鍋を火から降ろしたりして時間調整をしたようだ。タイムキープをきちんとすることが大切だと思う。芯が少し残るくらいのご飯にするためには米を炊く水の量も重要であり、時間管理と共に重要な要素である。(次回は事前にこの辺を実験してみる必要がある)

2.見た目と味のインパクト
作り上げることばかりに気がいってしまい、パエリア鍋を飾り上げる工夫ができなかった。奥さんチームは串をつかってエビをピンと伸ばして飾り付けをしていた。パエリア鍋が平面なので立体的な飾り付けも効果的だ。地元産である的矢ガキは全部使わなければならないが、後の食材は全部使う必要はない。あまりごちゃごちゃさせずに的矢ガキが美味しそうに見えるようにすれば得点がたかくなるのではないか。審査員は一口食べるだけなので味はインパクトはある方が印象がよいであろう。魚介類の自然の味をだすために薄めに味つけしてしまった我わらのパエリアはちょっとビンボケの味であったと思う。健康メニューではないので、今回は塩分を余り気にせずはっきりした濃いめに味にした方がよいのではないかと思う。

3.コンクールを楽しむ準備
これはコンクールを勝つための作戦ではないが、コンクールを楽しむためにはそれなりの準備が必要であることが参加してよく分かった。例えばお父さんの腕まくりチームの皆さんは調理テーブルに一升瓶やワインなどアルコールが並び、調理が終了するころには皆さん良い調子にできあがっていた。また常連さんたちはパエリアができあがった後の炭火で持ち込んだ食材を焼いて楽しんでいた。
それに対して我々は自分たちのお茶さえも持ってくるのを忘れてしまう始末。
コンクールが終われば会場は立食パーティ会場に変身する。あちこちのテーブルでパエリアだけでなくいろいろな料理を食べながら皆さん楽しんでいた。これがこのパエリアコンクールの醍醐味であるようだ。来年は我々も炭焼き用食材(お酒も?)をいろいろ持ち込みコンクールを楽しみたいものだ。


初参加なので分からないことが多かったですが、パエリアコンクールの戦い方と楽しみ方がわかったので、来年はもっと楽しめるのではないかと思います。
来年のコンクールが今から楽しみです。

DSCF2487.jpg
華板さんチーム

DSCF2479.jpg
パエリア by 華板さんチーム

CIMG8330.jpg
パエリア by 奥さんチーム(準優勝作品)

当日の様子を伝えた新聞記事


posted by おおにし at 22:40| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

酒かすクラッカーと酒かすチュウニャン−ためしてガッテン

ためしてガッテンで酒かすの特集をやっていたので早速試してみました。

酒かすクラッカーの作り方(ためしてガッテンHPより)

  材料

* 薄力粉…100g
* 酒かす…20g
* 菜種油またはオリーブオイル…大さじ2
* 塩…小さじ1/2
* 水…大さじ1
* 酢…小さじ2


  作り方

1. 薄力粉に酒かす、油、塩を入れて指先を使って
ポロポロのそぼろ状にします。
2. 水、酢を入れて練らずにまとめ、
厚さ5mmに伸ばして切り分けます。
※水分が足りない、もしくは多い場合は調整してください。
※酒かすによって酸味があるものがあります。
その場合はお酢ではなく水分で大丈夫です。
3. 160℃に予熱したオーブンで10分焼けば出来上がり。


実際にやってみてわかったこと。
(1)そぼろ状にはなるが、その後水を加えて練らずにまとめるのが難しい。ばらばらになってしまいます。今回は水分を3倍くらいにして団子状にまるめてから伸ばしました。それでも練らずにまとめるのには苦労しました。
(2)160℃では温度が低く、10分では焦げ色がつきませんでした。追加で170℃2分やったら、酒かすの部分が焦げて、レーズンのような濃い色になってしまいました。160℃で焼く理由は酒かすをあまり焦がさないようにするためのようです。
(3)酒かすと分かっているので、食べると麹の香りを感じますが、知らない人が食べたらチーズ風味のクラッカーとして味わってもらえそうです。塩加減もちょうどよくビールに良く合います。

DSCF2452.jpg

次にチュウニャンです。

酒かすチュウニャンの作り方(ためしてガッテンHPより)

  材料

* 酒かす…200g
* 水…200ml
* 黒砂糖…75g
* 酢…75ml

  作り方

1. 鍋に材料を入れ強火で加熱する。
2. 沸騰したら火を止めてよく混ぜる。
※完全にはアルコールが飛んでいません。
加熱調理にお使いください。
※冷蔵庫で1〜2週間ほど保存可能。
お早めにお使いください。


酒かすの残りが200gなかったので、今回は半分の分量でつくりました。(失敗するかもしれないので酒かすは少ししか購入しませんでした・・・)
黒砂糖は簡単に溶けるのですが、酒かすがなかなか溶けないので写真のように少しダマが残りました。
調味料としてつかうのでこれでも良いかなと思います。できたチュウニャンはこんな感じにです。

DSCF2447.jpg


早速、チュウニャンで麻婆豆腐を作ってみました。

いつもの材料で酒と砂糖のかわりにチュウニャンをたっぷりめに入れたところ、今までの麻婆豆腐とはどこか異なる、深みのある本格麻婆豆腐が出来上がり家族みな大満足。これはホント美味しかったです。
(といってもだれも本格四川料理の麻婆豆腐の味は知らないのですが)
まだ、チュウニャンが残っているので次はエビチリでも作ろうかと思っています。

酒かすはLDLコレステロールをさげてくれたり、ビタミンB群やアミノ酸などを多く含む健康食品です。
酒は百薬の長といいますが、酒かすは「千薬の長」と言えましょう。是非お試しください。



posted by おおにし at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

パエリア検討会(12月臨時例会)

華板さんは例年12月の活動を休止していましたが、今年は臨時で例会を開催。しかも、冬の寒い時期にアウトドアで料理づくりを行いました。

DSCF2442.jpg

実は来年2月に志摩スペイン村で開催されるパエリア・コンテストに向けての検討会だったのです。10月の例会ではフライパンを使って数種類のレシピを試しましたが、コンテストでは8人用のパエリア鍋を使い炭火による野外での調理になるので、本番を想定したリハーサルが必要だったというわけです。

一斗缶を用意して炭火を起こし、本番に近い食材を準備して、本場スペイン在住の方から教わったレシピで挑戦しました。その結果は・・・

DSCF2446.jpg

味は抜群でしたが、調理時間がコンテストでの規定時間(1.5時間)を1時間近くオーバーしてしまいました。時間オーバーの原因は炭火での火加減がうまく調整できなかったためです。
しかし、今回のリハーサルで炭火のおこし方も分かり、スペイン仕込み調理方法の秘策?もあみだすことができ、リハーサルは大成功。
2月のコンテストが待ち遠しいですね。
posted by おおにし at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。